ブログ

アンチとの向き合い方

こんにちは

「在り方」と「原理原則」で日本を強くする
「在り方の學校」校長の朝﨑 隼人です。

「お前、プレゼン下手やなぁ~」
「医者でもないのに何言ってんねん」
「何の根拠があるんじゃ!」

毎日、色んな媒体で、
情報を発信していると、
当然、一部ではあるけど、
こんな感じで、
アンチコメントが来ることがある。

これは、
私の個人的な考え方やけど、
アンチは嫌いではない。

もちろん、
批判されたい、
というわけではないけど、
無関心よりはマシだ。

しかし、
批判されるのが、
好きというわけではない。

最初の頃は、
批判に対して、
嫌悪感や苛立ちも覚えた。
喧嘩だってした事もある。

ただ、
そういう体験をしているうちに、
色んなことに気がついた

なぜ?
興味がない人に、
批判的なコメントをしたり、

そういった、
行動を取り続けるんだろう?

興味がなければ、
放っておけばいいはずなのに?

そう思うようになってから、
私は、
アンチに対して、
質問をする
ようになった。

そうすると、
意外な答えが返ってくる。

時には、
顧客様よりも確信をついた、
本質的な、
回答や意見が返ってくる。

つまり、
興味は持っているけど、
自分の、
現在や過去の体験や経験で、

モヤっとした、
何かスッキリしないことがあり、
その経験や体験を、
スッキリさせたいのかもしれない。

ただ、
無関心ではなく、
興味を持っている事は、
間違いない
と思う。

どんな時でもそうだけど、
問題との向き合い方は重要だ。

「問題は解決するもの」

もちろん、
逃げる事もできるけど、

逃げると、
もっと大きな問題になって、
別の問題として帰ってくる。

しかし、
どうすれば、
その問題が解決できるのか?

それは、
相手と向き合い、
最適な質問を繰り返し、
コミュニケーション
を、
取り続ける事だと私は思う。

「質問の質は人生の質」

こんな言葉があるように、
あなたの質問の質で、
相手の反応や態度は一変
する。

あなたは、
普段からどんな質問をしているだろうか?
相手を負かそうとするのか?

それとも、

相手とより良い関係を、
築こうとしているのか?

自分を信じて。
believe in yourself.

ご縁があれば、また!

【追伸】

相手を知るには、
ますば自分を知ること。

自分を深く理解する為の、
とっておきのテンプレートがある。

すぐ下から、
シートをダウンロードし、
一度やってみてほしい。

きっと、
新しい自分が見つかると思う。

【テンプレートのダウンロードはこちらをクリック】

関連記事

  1. 護摩業は商売に役立つのか?
  2. YouTuberって儲かんの?
  3. フォーカスのチカラ
  4. 強みは見つけるではなく、◯◯する。
  5. 日本で一番長い橋知ってますか?
  6. 一個3万円の卵
  7. 予約の取れない店舗経営の秘訣
  8. 経営者のあなたに質問です!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP