ブログ

この子の名前ご存知ですか?

こんにちは

「在り方」と「原理原則」で日本を強くする
「在り方の學校」校長の朝﨑 隼人です。

この子の名前ご存知ですか?


私はこの子から、
とても大切な事を学ばせてもらいました。

この子の名前は、
チューラパンタカ(周利槃特・しゅりはんどく)
お釈迦様の弟子の一人です。

お釈迦様が、まだ生きておられた時の話です。

インド北部に、2人の兄弟がいました。
兄はとても賢くて、
お釈迦様の教えをよく理解し、
深く仏教に帰依していました。

弟の名は、周利槃特。
ものを覚えるのがたいへん苦手で、
自分の名前すらも覚えられず、
いつも人から笑われていました。

兄は、弟を心配し、
お釈迦様から聞いた
教えを短い詩にまとめて、

なんとか弟に覚えさせようとしますが、
朝には覚えられたと思っても、
昼にはもうごちゃごちゃになってしまうのです。

あるとき兄は、
弟を励まそうとして、

「自分の道は自分で探しなさい」

と突き放しました。

それを聞いた周利槃特は、
自分の愚かさに涙を流しながら
途方にくれてしまいました。

それをごらんになっていた
お釈迦様が言いました。


「自分が愚かであることに
気づいている人は、智慧ある人なのです。
愚かであるのに
自分はかしこいと思っている人こそ、
本当の愚か者なのです」

そして、周利槃特に1本のほうきを渡して、


「ちりを払わん、あかを除かん」
と、
掃除をしながら唱えなさい!と教えられました。

こんなに短い言葉でしたが、
友人たちに助けられながら、
どうにかこうにか、
来る日も来る日も唱え続けました。


自分の道は自分で

探さなけらば
という必死の思いと、

ちりを払う、あかを除くという
お釈迦様の教えとが重なって、
だんだんと、周利槃特の心の中で、
問いが熟して
いきました。

そうだ、ちりやあかとは、私の執着の心
そうだ、丸っぽ私はちりなのだ、
丸っぽ私はあかなのだ。
そうだ、私は今から、
仏の眼をいただいて生きていこう。

古いお経を読むと、
周利槃特は天眼を得た
書かれてあります。

つまり、彼はさとりを得たのです。

仏の眼(仏の教え)を疑いなく受け入れて、
仏の眼に依って生きていこう
という曇りない決意こそ、

はっきりと澄んだ、
朗らかなさとりの味わいだったのです。

周利槃特は、さとりを得て、
賢くなったのではありませんでした。

ましてや、仏法を教える側の
先生になったのでもありませんでした。

彼は、仏法に教えられながら、
教えをわが両眼として、
一生涯を生きていく人となったのでした。

誰よりも愚かだった周利槃特が
さとりを得たことに、
周囲が驚いていると、
お釈迦様が静かに言いました。


「さとりには、
多くのことを学ばなければいけない
というのではないのです。
ほんの短い教えの言葉であっても、
その言葉の本当の意味を理解し、
道を求めていくならば、
さとることができるのです」

私がこの子から学んだ、
とても大切なことの一つが、フォーカスする力

人はやればなんでもできる。
なんでもできるからあれこれやりたくなる。
あれこれやるから力が分散する。


力が分散するから結果につながりにくい。

あなたはフォーカスしていますか?

あなたがたった一つに
フォーカスするとしたら、
何にフォーカスしたいですか?

自分を信じて。
believe in yourself.

■□■□■□■□■□■□■□■□
私達の人生のミッションは、
「原理原則で日本を強くする」
私たちと関わるすべての人を
豊かさへと導き
私たち自身も共に豊かさを分かち合う。
■□■□■□■□■□■□■□■□

 

【追伸】

商売に限らず、
すべてのことには原則がある。

私は20年近く、
商売をしているから、
商売の原則を、
メルマガとブログに書いている。

もしあなたが、
商売の原則に興味があるなら、
すぐ下から登録して、
読んでみてほしい。

自分を深く理解する為の、
とっておきのテンプレートも
受け取って欲しい。

きっと、
新しい自分が見つかると思う。

【テンプレートのダウンロードはこちらをクリック】

関連記事

  1. 【意地を張る】(いじをはる)
  2. あなたは、どちらが好きですか?
  3. 新しい技術を身につけても、売上アップしない
  4. 日本で一番長い橋知ってますか?
  5. 商売とビジネスの違いって何?
  6. 億万長者なら一晩でもなれる!
  7. あなたの旦那はどっちのダンナ?
  8. いつになったらできるんや!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP